鬱かと思ったら読む本(あなたの鬱は栄養が原因かもしれない?)

人生、多少の嫌なことや辛いことは人並みにあるものの、なぜか特に大きな理由もなくやる気が出なかったり、朝起きて鬱っぽく感じることってありません?

人生謳歌の黒い星です。

そんな風に感じている人に朗報の本をご紹介です。

鬱かと思ったら読む本(あなたの鬱は栄養が原因かもしれない?)

薬に頼らずうつを治す方法 BY 藤川徳美

「セレトニン」は私たちに「幸せ」を感じさせてくれるホルモン

「ドーパミン」は私たちに「喜び」を感じさせてくれるホルモン

このホルモンは単純にタンパク質と鉄分で構成されているので

タンパク質と鉄分が足りていない人は、常にこのホルモンが欠乏していることになります。

と言ったことをわかりやすく図で解説。

女性と男性と別々に陥りやすい栄養の偏り例を説明してあるので納得。

更に具体的に何を食べたら栄養が取れるか紹介してあるので

今日から実践することができます。

どんな栄養素をとったらいいの?

鬱まで深刻化していなくても、「怠け者」と自分を責めたり

周りにそう思われたりしている人に取って朗報です。

基本は、プロテイン、鉄、ビタミンとなっています。

全て、パウダーや錠剤、サプリメントで取ることもできます。

食材に気を付けて食べ物から取ることもできます。

理想は錠剤と食事と両方をバランスよく使い分けることだと思います。

プロテイン

プロテインは筋肉や持久力をサポートします。

プロテインはお肉、魚、大豆製品からメインで摂ることが出来ます。

忙しくて良質なプロテインを取らないでいませんでしたか?

太るのが怖くてお肉を避けて生活していませんでしか?

お金を節約しようとしてお肉や魚を最近しっかり食べないで生活していませんでしたか?

 

鉄とビタミン類

「鉄」は、食べ物からも摂れますが、、一番効果が早いのは鉄分を錠剤で取ることです。

お医者さんに相談すれば処方してくれます。

普通のお店やコンビニでも鉄のサプリメントなど購入できるので

毎日の適量を超えないように気をつけながら摂取し始めてください。

朝の目覚めが楽になってきたら、栄養の偏りが原因の「鬱」だった可能性があります。

健康,

Posted by admin