資金を2倍にするのにかかる時間(72の法則)

こんにちは、人生謳歌の黒い星です。72の法則についてみなさんご存知ですか?

72の法則とは、、、

資金を2倍にするのにかかる時間(72の法則)

 

72の法則とは、投資や金融の分野で、複利効果によって元本の額を2倍にするために

かかり時間を計算する方程式のことです。

例えば、年利3%で資産運用した場合、計算は下記のようになります。

72÷3=24

手元にある元本の資金額がいくらであろうと、3%利回りでそれを2倍にするために

は24年間かかるという計算です。

では、8%で資産運用して場合も出してみましょうか。

72÷8=9

9年で2倍になります。

あなたの元本が100万円で、その資金を8%の利回りで資金運用すれば9年間後には200万円になっているということです。

参考になりましたか?

反対に、先に倍にしたい期間を決めている場合は、一体どのくらいの利回りなら5年間でまたは自分が決めた期間で2倍にできるのか、という計算も72をかかる年数で割ることでできます。

例えば5年間で今の元本を2倍にしたい場合は下記のようになります。

72÷5=14.4

つまり14.4%の利回りで資金運用すれば複利の力で5年間で元本が2倍になる、ということが分かります。

あなたの元本が100万円なら、14.4%の利回りで資金運用すれば5年間後には200万円になっているということです。

面白いと思った方は自分でシミュレーションしながら数字で遊んでみてください。

覚えておくと便利な法則ですので、若い方も年配の方も将来を計画するのに

是非活用してみてください。